出生

001


明治15年(1882年)5月29日、茨城県北茨城の磯原の野口家に雨情は生まれる。
 
野口雨情の本当の名前は『栄吉』。本名は野口栄吉。
 
将来、日本だけでなく世界中で歌われる童謡を作ることになる 野口雨情の本名である『栄吉』という名前には、 優れた人間になって欲しい、また幸多きようにとの願いを込めて父親が命名した。
 
明治15年には他にも優れた才能を持つ人がたくさん誕生している。
歌人・斉藤成吉や川田順、俳人・渡辺水巴、評論家・生田長江、小説家・有島生馬など。
野口雨情の世代には才能溢れる人材が非常に多かった。
 
野口家に生まれた雨情は、大変に可愛がられて育てられ、甘えん坊でわがままだったとも言われている。
特に母親の熱愛を受けて育ったため、女中が盛ったご飯などは絶対に食べなかった。

諸注意事項
当サイトは野口雨情の生まれ故郷である茨城県北茨城市出身の管理人の個人の趣味によって運営しているサイトです。
掲載している内容、場所、関連団体などとは一切の関係がありません。
記事の内容や写真については実際に管理人自身が取材したり、調べた結果をまとめたものであり、詳細の相違等があった場合、または当サイトで何らかの損害が発生したとしても当サイト関係者は一切の責任を負いません。
また当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいて構いません。リンクした際にご連絡いただければ管理人が喜びますが、特にご連絡いただかなくて結構です。

Copyright (C) 2007 野口雨情の一生. All Rights Reserved.