赤い靴

赤い靴(FLASHムービー)


大正10年12月「小学女生」
作詞・野口雨情
作曲・本居長世
 
 
赤い靴 はいてゐた 女の子
異人さん につれられて 行つちやつた
 
横浜の 埠頭から 汽船に乗つて
異人さんに つれられて 行つちやつた
 
今では 青い目に なつちやつて
異人さんの お国に ゐるんだらう
 
赤い靴 見るたび 思ひ出す
異人さん 見るたび 思ひ出す
 
 
 
野口雨情の童謡の中で最も広く知られている。
この曲には親元を離れて、アメリカ人夫妻の養女となったが病のために渡米ができず、 わずか9歳で夭折した女の子のモデルがいるそうです。
雨情が北海道に住んでいるときにそのモデルの女の子の母親と知り合い、境遇を聞いたそうです。

諸注意事項
当サイトは野口雨情の生まれ故郷である茨城県北茨城市出身の管理人の個人の趣味によって運営しているサイトです。
掲載している内容、場所、関連団体などとは一切の関係がありません。
記事の内容や写真については実際に管理人自身が取材したり、調べた結果をまとめたものであり、詳細の相違等があった場合、または当サイトで何らかの損害が発生したとしても当サイト関係者は一切の責任を負いません。
また当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいて構いません。リンクした際にご連絡いただければ管理人が喜びますが、特にご連絡いただかなくて結構です。

Copyright (C) 2007 野口雨情の一生. All Rights Reserved.