十五夜お月さん

十五夜お月さん(歌・松田敏江)


大正9年9月「金の船」
作詞・野口雨情
作曲・本居長世
 
 
十五夜お月さん
ごきげんさん
婆やは お暇とりました
 
十五夜お月さん
妹は
田舎へ貰われて
ゆきました
 
十五夜お月さん
母さんに
も一度 わたしは あいたいな
 
 
 
童謡そのものの認識を高めるきっかけとなった作品。
作曲した本居長世は中山晋平の師であり、 今後の新しい童謡というもののあるべき形態を初めて具現化した天才。
子供の歌はそれまで伴奏が同じで歌詞が違うものが普通だったが、 この曲では歌詞がそれぞれ伴奏を変えるという画期的な作曲をした。

諸注意事項
当サイトは野口雨情の生まれ故郷である茨城県北茨城市出身の管理人の個人の趣味によって運営しているサイトです。
掲載している内容、場所、関連団体などとは一切の関係がありません。
記事の内容や写真については実際に管理人自身が取材したり、調べた結果をまとめたものであり、詳細の相違等があった場合、または当サイトで何らかの損害が発生したとしても当サイト関係者は一切の責任を負いません。
また当サイトはリンクフリーです。ご自由にリンクしていただいて構いません。リンクした際にご連絡いただければ管理人が喜びますが、特にご連絡いただかなくて結構です。

Copyright (C) 2007 野口雨情の一生. All Rights Reserved.